女性経験はないけれどもエロイプを楽しんでいます

近年草食男子などといわれる若い男性ですが、決して性欲がないわけではありません。
ぼくも草食男子だとは自認していますが、エッチをしたいという思いは大いにあります。
ただ女性に対してどうアプローチすればいいのかよくわからないだけなんです。
そんなぼくがSkype交流サイトに入ったのはふとしたきっかけでした。
ぼくと同じように草食男子の友だちが入っていて、結構面白いからはじめてみたらと誘ってくれたからです。
サイトに入ってみると、そこで知り合うのはなぜか年上の女性ばかりでした。
彼女たちはぼくのような奥手で女の子に縁のない男性を本能的に嗅ぎ当てるのでしょう。
そんな中でも特にぼくに迫ってくるのが、ユカリさんでした。
彼女はぼくに向かって「ひょっとして女の子とエッチの経験がないんじゃない?」とズバリ訊ねてきます。
もちろん図星なので答えることもできずにうつむいてもじもじしていたら、なんと彼女は「じゃあ、女の子の裸も見たことないの?」といいながらSkypeの向こうで服を脱ぎだすではありませんか。
もう驚いたのなんのって、何も答えられず、でも目線だけは彼女の身体から離れられずじっと釘付けになっていました。
やがて彼女の行為はエスカレートして、パンティを脱いでオナニーを始め「興奮しているならあなたもオナニーしなさい」と誘ってくるんです。
その言葉に我慢できず、ぼくもズボンを下ろしてオナニーをしました。
それ以降ユカリさんとはエロイプを楽しんでいますが、いつかリアルなセックスも誘ってくれないかなと思っています。

実家でエロイプをするときにはバレないように要注意

エロイプはその興奮具合から、やっているときに我を忘れてしまうことがしばしばあります。
でもそんな時こそ要注意、特に実家暮らしの人は大いに気をつけなければなりませんよ。
見知らぬ女性が映ったパソコンの前に座ってシコシコしているのを家人に見られたなら大変です。
特に声が他に部屋に漏れないようにヘッドホンなどを使っている人も少なくないようなので、誰かが部屋に入ってきても気づきにくいものです。
だから、エロイプをするときには必ず部屋の鍵を掛けるようにしましょうね。
ぼくもその点は注意をしていて、家族が誰もいないときか深夜にみんなが寝静まってからでないとしないように気を付けています。
おかげで今のところ家族にエロイプをやっているのがバレたことはないのですが、一度エロイプの相手の女の子が家族に見られたのを目撃したことがあります。
それは先日、エロイプをしていてお互いに最後のクライマックスに差し掛かってきたときのことです。
深夜ということもあって彼女もヘッドホンをつけていたのですが、そのせいで周りの音が聞こえなかったのでしょう、ぼくのパソコンに彼女の部屋のドアが開いて誰かが入ってきたのが映ったんです。
ぼくはすぐに「誰かが入ってきたよ」と彼女に伝えたのですが時すでに遅し、下着を脱いでオナニーしている姿を妹らしき人にバッチリ見られてしまったようです。
ふたりともお互いに唖然とした様子でしたが、すぐにパンティを穿いていろいろと言い訳している彼女の姿を見て、もう少しでイキそうだったぼくはみるみる萎えてしまいました。
そしてぼくの姿も相手のパソコンに映っているだろうことに気付いて、あわててパソコンの電源を切ったのでその後どんな状況になったのかはわかりませんが、ヤバいことになったのは想像に難くありません。
今後エロイプを楽しむ際には自分も十分気をつけなければならないなと、改めて思いました。

ナナちゃん、最高!

ある掲示板を介してナナちゃんとは親しくなったのですが、やりとりをしているうちにエロイプに誘われました。
その時私はエロイプが何なのか全く知らなかったのですが、彼女に説明されて興味を持ちプレイしてみたところ、ドンピシャでハマってしまいました。
もちろんエロイプがすごく楽しいというのもあるんですが、ナナちゃんとするエロイプだからこそ一層興奮できるんだと思っています。
というのも実はナナちゃん、ルックスのほうがイマイチなんです。
ブサイクとはいいませんがお世辞にもかわいいほうではないし、私もそれほどタイプではありません。
最初エロイプに誘われて初めて彼女の顔を見たとき、「ああ、自分はそんな女の子とやりとりしていたんだ…」とちょっとショックを受けたほどだったんですね。
ところが、エロイプを始めてからはそんな思いは180度変わりました。
なぜなら、彼女のバストってすごく巨乳なうえに形がよく、ウエストもきゅっとくびれていて脚も細くってスタイルバツグンなんです。
かといって決して細いだけでなく適度にお肉もついていて、いってみれば「エロい身体」なんです。
その身体だけでエロイプは十分楽しめます。
だって実際に付き合うわけでもないし、エロイプって最終的に性的欲求の発散でしょ。
それならルックスよりも身体がエロいほうがいいとは思いませんか。
そもそもルックスもスタイルも完璧ではあまり面白みがなく、エロという点においてはイマイチ興奮しないと思うんですよね。
加えてナナちゃん、感度のほうもかなりよくって、ちょっとスケベな言葉をいうだけで熱い吐息を漏らしちゃいます。
もちろんプレイが始まれば何もかも忘れたかのように持ち上がるので、私もすごく気持ちよくなれます。
これからもナナちゃんとのエロイプを続けていきたいと願っています。

その日の気分によって相手の年代を変える

年代によって相手を使い分けるという方法も、エロイブの楽しみ方としてアリですよ。
私の場合、会話を楽しみたいときには20代の女性、エッチなことをしたいときには30代の女性という具合に相手を変えています。
なぜこのようにその時々によって相手の年代を使い分けるのかというと、そのほうがスムーズに自分の希望が叶えられやすいからです。
基本的に20代の女の子と話をすると、その若さを分けてもらえるような気がします。
やっぱり若いということは元気で話をしていても楽しいですし、画面から見受けられるかわいい笑顔は心が癒されます。
だから「よし、明日も頑張るぞ」という気分になりたいときには20代の女性とおしゃべりを楽しむのです。
20代の女の子とエッチなことをするのも悪くはないのですが、何となく物足りなさを覚えます。
その点30代ともなるとセックスの経験も多くなり、画面を通したテクニックや醸し出す雰囲気、さらに表情などにえもしれぬ「色気」を感じてしまいます。
私と年齢が近いということもあるのでしょうが、やっぱりセックスをするなら30代という感じですね。
昔は20代の女性ともプレイしていたのですが、最近は物足りなさを感じるようになってきました。
これは私が年を取ってきたのが原因なのでしょうかね。
20代の女の子の中にももちろん疑似セックスの上手い子もいるのでしょうが、そんな女の子と出会える確率はそう高くありません。
でも30代の女性なら大半は満足できるプレイを楽しむことができるんです。
もちろん若い女性とプレイするほうがいいという人もいるでしょうから私の真似をしろとはいいませんが、その日の気分に合わせて相手の年代を変えてみるというのもおすすめですよ。